2023年の資産設計実績

暮らし

社会人2年目ともなると業務時間も増えてくるもので、最近は何かと残業をするはめになっています。

幸いなことに私の勤め先はコンプラがしっかりしている企業であるため、残業した分はしっかり残業代が付くものの、出社勤務の日の帰宅時間は20〜21時と1年目と比べると2〜3時間は遅くなっています。

そのせいで以前みたいに定期的にブログを更新することもできず、もっぱらTwitter(今はX)でちょこちょこつぶやいています。

全然更新できないこのブログをどうするかを考えつつ、久々の更新といきましょう。

(2024年ももう2月となりましたが)2023年をざっくりと振り返っていきます。



収入

給料・賞与

2023年の手取りはおよそ390万円でした。

入金力お化けの株クラたちと比較すると見劣りしてしまいますが、社会人1〜2年目のリーマンとしては悪くない数字だと思います。

副業か何かでここにプラス月5〜10万くらい盛れるようになれると良いのですが、結局2023年は何もできておりません。



配当

配当金は税引後で28万円程度でした。減配などがなければ来年は現時点で36万円を超える見込みです。月で均すと3万円と、少しずつ配当の力を実感できそうな数字となってきています。



支出

年間の支出はおよそ145万円でした。月で均すと12万程度ですね。

固定費を最適化し、基本的に自炊を心がけること以外はそこまで意識していないため、特にストレスなく生活できました。(私の場合は会社の福利厚生で社宅に月2.5万で入れているのがやはり大きなアドバンテージとなっています。)

1月に伊豆、4月に京都と2回ほど旅行に行き、ロボット掃除機とデスクを購入したものの、メリハリのある消費を心がけることでそこそこの額に収めることができたと思います。

今年はもう少し旅行に行きたいですね。複数人で行くのも良いですが、近場に一人で小旅行してみたいです。



収支合計・貯蓄率

収支合計はおよそ+270万円、貯蓄率は65.3%でした。

貯蓄率的は2022年とあまり変わりませんでした。目標は70%程度なので、もう少し無駄を省くことができるか検討中です。(と言っても、もはや固定費に無駄はほぼないため、最適化するとしたら変動費となるのですが、こっちをあまり意識すると幸福度が著しく下がりそうなので、今くらいが自分にとっては最適なのかもしれません)

プラス分はほぼ全てが投資の資金と化したため、年齢の割にはぶん回せている方だと思います。



まとめ

2023年は日本株(中でも特にバリュー株)に追い風が吹き、増配・株価上昇と高配当株投資家にとっては良い1年だったと思います。

2024年もそうなると嬉しいですが、未来がどうなるかはわからないため、結局は自分にできることをやるだけですね。

当面は税引後配当金120万円(純資産の目安だと3000万円くらい)を目標にしてひたすら積み上げを頑張っていこうと思います。

早い段階でいかに多くの資本を投下できるか、複利の恩恵をいかに最大化するか

個人的にリスペクトしている三菱サラリーマンさんのように30才で経済的自立を果たしたいものですが、その境地に至るには入金力や精神性がまだまだ未熟であるため、今後その辺りをどうやって伸ばしいていくかが鍵となりそうです。



↑(投稿情報などをつぶやきます)

※投資は自己責任でお願いします。当ブログは利益を保証するものではございません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました